サッカー ユニフォーム 激安

2018ワールドカップ各国の代表チーム最新ユニフォーム大特集一覧!!!(後編)

じゃ、続きます! ワールドカップ出場国がロシアで着用する 最新ユニフォームを紹介していく。 コロンビア ハメス・ロドリゲスらコロンビア代表の選手たちがロシアでの栄光を求めて着用するユニフォームは1990年ワールドカップの時のデザインにインスピレーションを受けて作られたものだ。 黄色をベースに肩から脇にかけて赤と青の斜めラインが施されている。肩の3本線は、1990年には赤が採用されていたが、今回は紺色が採用されている。 コスタリカ 国旗にも使われているレッド(New Balanceは“コスタレッド”と紹介)を基調としたホームキット。印象的なライングラフィックは、コスタリカに多く生息するハチドリなど飛行中の鳥をイメージしている。 エンブレムは選手とボールを中心に、国旗カラーの3色(レッド/ブルー/ホワイト)が渦巻くユニークなデザイン。 背面の首元には国名“COSTA RICA”をプリント。ちなみに国名はCOSTA(海岸)、RICA(豊かな)で“豊かな海岸”を意味する。 デンマーク “Made by Denmark”と銘打った、文字通り継ぎ接ぎされたユニフォーム。ベースのデザインは現行の2016-17モデルだが、シャツはいくつものパーツによって構築されているのが一目瞭然だ。 各パーツをよく見ると80年代や90年代のレジェンド級からごく最近のものまで、様々なユニフォームが使われていることを確認できる。 エジプト ロシアW杯に向けたホームキットは、ホワイトを基調にレッドとブルーが差し色の伝統的なカラーコンビネーション。2016モデルは袖をブルーグレーで着色していたが、今回は余分な色を排したシンプルなデザインだ。 首周りはVネックともクルーネックとも違う形状がユニーク。ユニフォームは最新技術により、エンブレムは従来よりも64%軽量化に成功。シャツは空気流量の増加により通気性が向上している。 イングランド 首周りはVネックともクルーネックとも違う形状がユニーク。ユニフォームは最新技術により、エンブレムは従来よりも64%軽量化に成功。シャツは空気流量の増加により通気性が向上している。 アイスランド 記念すべきワールドカップ初出場モデルのデザインは、アイスランドの自然の特徴である「氷、溶岩、水」がテーマ。ホームキットは伝統のブルーを基調としている。 首元の内側には近年お馴染みの「Fyrir Ísland」(アイスランドのために)をプリント。 肩のドットグラフィックの3色はアイスランド国旗色で、ブルーは大西洋、レッドは火山、ホワイトは氷河・雪原を意味する。アイスランドの風土をデザイン化した、代表チームに相応しいユニフォームだ。 ホワイトはアウェイキットで伝統的に使われている色。肩のグラフィックはホームキットと同じで、ホワイトが基調だとドットグラフィックがより映える。なおErreaによれば、アウェイキットのネームナンバーの色はブルーとのこと。 背面の首元にはアイスランド国旗をプリント。背面のデザインは国旗も含めて全キット共通となっている。 GKキットのレッドは燃えたぎる溶岩のイメージだろうか。この他にブラックとパープルのGKキットも用意しているという。…

Read more

2018ワールドカップ各国の代表チーム最新ユニフォーム大特集一覧!!!(前編)

2018ワールドカップ各国の代表チーム最新ユニフォーム大特集一覧!!!(前編)

今日はワールドカップ出場国がロシアで着用する 最新ユニフォームを紹介していく。 6月に向けて、色とりどりのカラフルなユニフォームが世界中のリビングルームを彩られることになるだろうが、新しいユニフォームには称賛、様々な企み、そして困惑など様々なものが詰まっている。 これまでのワールドカップでもそうであったように、2018年もアイコン的なユニフォームの数々が披露されることだろう。出場国が決定し、『騎士サッカー』では各国の代表チーム最新ユニフォームを紹介していこう。 アルゼンチン アルゼンチンは、ワールドカップ仕様にデザインされた伝統的な白とスカイブルーのストライプのユニフォームを着用する。 アディダスは各国の代表チームの新たなユニフォームを仕立てる段階で過去のデザインを徹底的に調べ上げ、新しいデザインのインスピレーションとしたが、アルゼンチン代表の新ユニフォームもその一例である。 1993年のコパ・アメリカのモデルからインスピレーションを受けてデザインされたものだが、肩に入っているアディダスの3本線のカラーには白ではなく黒が採用された。 オーストラリア 新しいユニフォームは、現在の黄色をベースに脇と襟部分にグリーンを施したデザインから大きく変更されることはないだろう。 ベルギー ベルギーがワールドカップに挑むユニフォームはアディダス製であり、ユーロ1984の時のユニフォームデザインをベースとしている。 ホームユニフォームは赤をベースとし、胸の部分には黄色と黒のアーガイル柄があしらわれている。そして中央にはベルギー・サッカー協会のエンブレムがプリントされた。 ブラジル 今回のイエローの元となっている1970年モデルを着用したブラジル代表はW杯メキシコ大会で通算3度目の優勝を果たし、トロフィー「ジュール・リメ」の永久所有権を得ている。 背面首元には国旗カラーのテープを配している。それ以外の装飾はなくシンプルなデザインだ。 胸部をアップで見てみると、メッシュホールやオーセンティック用の熱転写エンブレムなどシャツの質感がよく分かる。素材にはNikeのテクノロジーを駆使した最新素材のヴェイパーニットを採用している。 クロアチア 伝統といっても過言ではないチェック模様は、クロアチア国章のそれと同じ。今回は2014年モデルと同じように、袖部分はチェック柄ではなくレッド単色となっている。 背面はシンプルなデザイン。肩周りはラグランスリーブで可動域を大きく確保している。 フランス ラファエル・ヴァランが着用モデルのホームキットは、ネイビーを基調にスリーブ部分にブルーを配している。肩から袖にかけてのギザギザがヴェイパーニットの特徴的なデザイン。 エンブレムの素材は以前の物よりも64%軽量となり、シャツは空気流量の増加により通気性が向上している。 新しいホームキットはクラシックなボタンダウンの襟を採用。胸のボタンにはフランス共和国の標語“Liberté, Égalité, Fraternité”(自由、平等、友愛)をエンボス加工しているという。 胸番号はイングランド代表などと同様に右胸のスウッシュ(Nikeロゴ)下にプリントする。   ドイツ 今回のデザインは、1990年イタリア大会を無敗で優勝した西ドイツ代表ユニフォームへのオマージュ。ギザギザのグラフィックは当時のそれを反転させた格好となっている。…

Read more